LIFENAVI COACHING

組織開発・人材開発・リーダーシップ・コーチング・ファシリテーション・キャリア・PBL等の情報をまとめて発信しています。

5月22日の埼玉新聞に、自分が担当しているインターンシップの授業を掲載していただきました!※著作権の関係で文章がお見せできないのが残念ですが、是非、埼玉新聞をお手にとってみてください。本授業は、狭山市の企業様が抱える課題を学生がグループで解決する産学官連携の ...

この4月から大学院生になります! 先日試験を受け、3月1日に合格通知をいただきました!嬉しい〜!進学先は、立教大学大学院 経営学研究科 経営学専攻 リーダーシップ開発コース。2020年にスタートしたこのコースは、経営学の中でもリーダーシップ開発、人材開発、組織開発を ...

2011年に、ハーバード大学のマイケル・E・ポーター教授とマーク・R・クラマー氏が 発表した論文「Creating Shared Value」(共通価値創造の戦略とも訳される) の中で提言されたCSV(Creating Shared Value)。 これは「社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し ...

Fred Fiedler(フレッド・フィードラー)は1950年代からリーダーシップ理論の開発を始め、1967年に”Contingency Theory of Leader Effectiveness.”を提言しました。これがフィードラー理論です。この理論以前は、以下の2つの理論が主流でした。・特性アプローチ:優れたリー ...

SL理論(Situational Leadership Theory)とは、1977年にアメリカのポール・ハーシーとケネス・ブランチャートが提唱した、リーダーシップ理論です。Situationalというその言葉通り、場面(シチュエーション)によって、効果的なリーダーシップが変わるというもので、これは、 ...

1955年に、Robert Katz(ロバート・カッツ)が役職に応じて必要とされるスキルの概念をまとめた「カッツモデル」を提唱しました。英語では、Katz's Three-Skill Approachとも言われ、その文字の通り3つのスキルが必要と言われています。その3つのスキルとは、①コンセプチュ ...

ストレングスファインダーについて書かれた『さぁ、才能に目覚めよう』の続編の、ストレングスリーダーシップ(Strength Based Leadership)を読みました。 『さぁ、才能に目覚めよう』では、人の強みとなり得る資質は34種類あり、自身の上位資質を活かす仕事をした方が高パフ ...

↑このページのトップヘ