セミナーや研修、とりわけワークショップではほぼ必須のプログラムであるアイスブレイク。
そのアイスブレイクの一種、チェックイン・チェックアウトについてご紹介します。
これは、安心安全な場を作り、コミュニケーションを円滑にすること等を主たる目的として、一人一人があるテーマについて一人一人がコメントをしていくというものです。
会議やワークの最初にやるのがチェックイン、最後にやるのがチェックアウトです。
少人数であれば全員でシェアするのも良いですし、大人数であれば数名のグループに分かれその中でやるのでも大丈夫です。
それぞれのテーマの例と効果は以下の通り。

◆チェックイン
よくあるテーマとして、「ここに来た理由」「ワークに期待すること」などが挙げられます。
このチェックインを行うことにより、以下のような効果が期待できます。
1: とりあえず短い発言をすることで、その後発言しやすくなる
2: 思考のウォーミングアップになるので、その後の思考力が増す
3: 周りに受け取ってもらえた、認めてもらえたと感じることで、自己開示が進む
4: 参加者同士の結束が強くなり、チーム力が増す

◆チェックアウト
よくあるテーマとして、「感想」「今後のビジョン」「次の1歩」などが挙げられます。
期待効果は以下の通り。
1: 会議やワークで話した内容を振り返り、また他の人の意見も聞くことで理解が深まる
2: ワーク中は気づかなかった他の人の話の背景に気がつく
3: ワーク中に学んだことや気づきを未来に活かすようアイデアを昇華させるきっかけになる

これまで何度もワークショップやセミナーをやってきましたが、この効果は本当に抜群です。 
手軽にできますし、堅苦しい会議などでも使用できますので、機会があれば使用してみてはいかがでしょうか。

checkin-out