SL理論(Situational Leadership Theory)とは、1977年にアメリカのポール・ハーシーとケネス・ブランチャートが提唱した、リーダーシップ理論です。
Situationalというその言葉通り、場面(シチュエーション)によって、効果的なリーダーシップが変わるというもので、これは、リーダーシップのコンティンジェンシーアプローチ(※)を土台とし発展させたものです。
※いかなる状況でも高い成果を発揮する唯一最善なリーダーシップは存在しないという考え方

部下の成熟度に応じて適したリーダーシップは異なるとする考え方で、
・仕事の指示(Directive Behavior):業務指示や説明の量
・コミュニケーション(Supportive Behavior):サポート・コミュニケーションの量
の2軸で以下の通り4つの象限にリーダーシップを分類しています。
SL


S1 教示型(Directing)   業務の指示:高 コミュニケーション:低
S2 説得型(Coaching)  業務の指示:高 コミュニケーション:高
S3 参加型(Suporting)  業務の指示:低 コミュニケーション:高
S4 委任型(Delegating) 業務の指示:低 コミュニケーション:低 

S1:教示的リーダーシップ
(状況)部下の成熟度が低い場合(特に新人)
具体的に指示し、細かく監督する。
コミュニケーションの量は多くはなく、一方通行に近い形のリーダーシップ。

S2:説得的リーダーシップ
(状況)部下が徐々に業務を覚えてきた段階
業務の指示はまだまだ必要だが、更なる成長のため内省の時間などコーチング等を実施。
業務指示+双方向にコミュニケーションをとる形のリーダーシップ。

S3:参加型リーダーシップ
(状況)部下が指示がなくても仕事をこなせる段階
具体的な指示をしなくても部下が仕事を回せるようになると、委任に向けての最終段階。
完全に権限委譲できるよう、双方向にコミュニケーションをとりながら仕事を徐々に任せていく。

S4:委任的リーダーシップ
(状況)部下が完全に自立できる段階
自立できる段階に来た部下に権限委譲し、仕事を完全に任せる。
この段階になると、仕事の指示もコミュニケーションもほぼなくなる。

全ての部下に対して一律のリーダーシップを発揮するのでは効果は薄くなってしまいます。
部下の状況に応じて、上司は適切なコミュニケーションを図っていく必要があります。
どういう場合にどのようなリーダーシップを発揮すべきかということについて
このSL理論は一定の視座を提供してくれるのではないかと思います。